シーリングライト 2灯 天井照明 CROWS(クロウズ) スポットライト おしゃれ 電気 間接照明 西海岸
シーリングライト 2灯 天井照明 CROWS(クロウズ) スポットライト おしゃれ 電気 間接照明 西海岸
シーリングライト 2灯 天井照明 CROWS(クロウズ) スポットライト おしゃれ 電気 間接照明 西海岸
シーリングライト 2灯 天井照明 CROWS(クロウズ) スポットライト おしゃれ 電気 間接照明 西海岸
シーリングライト 2灯 天井照明 CROWS(クロウズ) スポットライト おしゃれ 電気 間接照明 西海岸
シーリングライト 2灯 天井照明 CROWS(クロウズ) スポットライト おしゃれ 電気 間接照明 西海岸
シーリングライト 2灯 天井照明 CROWS(クロウズ) スポットライト おしゃれ 電気 間接照明 西海岸
シーリングライト 2灯 天井照明 CROWS(クロウズ) スポットライト おしゃれ 電気 間接照明 西海岸
シーリングライト 2灯 天井照明 CROWS(クロウズ) スポットライト おしゃれ 電気 間接照明 西海岸
シーリングライト 2灯 天井照明 CROWS(クロウズ) スポットライト おしゃれ 電気 間接照明 西海岸
シーリングライト 2灯 天井照明 CROWS(クロウズ) スポットライト おしゃれ 電気 間接照明 西海岸
シーリングライト 2灯 天井照明 CROWS(クロウズ) スポットライト おしゃれ 電気 間接照明 西海岸
シーリングライト 2灯 天井照明 CROWS(クロウズ) スポットライト おしゃれ 電気 間接照明 西海岸

シーリングライト 2灯 天井照明 CROWS(クロウズ) スポットライト おしゃれ 電気 間接照明 西海岸

税込10,368

311

カラー

お問い合わせフォーム

商品コード1021079

商品サイズ
本体:幅370×奥行き165×高さ290(mm)
重量
1.4(kg)
カラー
グリーン・ブルー・グレー・オレンジ
材質
スチール
仕様
口金:E26
最大ワット数:60ワット×2※LED電球対応
点灯方法:壁スイッチON・OFF
付属品:※電球は付属していません
保証期間
1年間

一人暮らしの天井照明は2灯あれば十分説

[クロウズ スポットライト 2灯本体単品モデル]
CROWS SPOTLIGHT2
model.N

  • 「家族が集まるリビングの照明を探している」
  • 「仕事をするのに適した灯りが必要」
  • 「夜だということを忘れるぐらいの明るさがほしい」

「とにかく明るさが必要」でここにたどり着いたお客さま、申し訳ございませんが、ここに求めている情報はありません。なぜならこのページは一人暮らし向けの明るさを抑えたコンパクトな天井照明の販売ページだからです。


  • 「コンパクトサイズの照明がほしい」
  • 「おしゃれな部屋にしたい」
  • 「リラックできる空間をつくりたい」

部屋の「雰囲気」を手軽に変えるために情報を探してやって来たお客さま、このページで正解です。必要な情報はここにありますので、どうぞここまま続きを読み進めてください。

ここでご紹介するスポットライトの名前は「CROWS(クロウズ)」と申します。

この商品を企画した理由

「明るすぎるんですよ」日本の照明って。

夜だということを忘れさせるほど、こうこうと照らす丸型シーリングライト。夜は暗いのが自然なはず。

明るさがステータスだった昭和時代

実家はごく一般的な昭和の家庭。輪っかタイプの蛍光灯2つに、半透明の四角い傘にベージュの枠がついた昔ながらのペンダントライト。ぶら下がったひもを前後に揺らして、パンチを避けるボクサーのように、ひもをただ避けるという謎の遊びをしながら過ごした幼少期。照明へ対するイメージはそんなもので明るいのが当たり前だと思っていました。

そして現在、私の自宅の間取りは9畳のリビングキッチンと5畳のベッドルームの1LDK。インテリア照明を企画販売しているので、「自宅の照明はどんなの?」と、よく聞かれます。

販売するものは必ず触れて確認して、自宅に取り付け撮影してきました。今まで300以上の照明器具を取り付けさまざまな灯りを体験した私が自宅の照明に選んだのは・・・

1灯スポットライト オールター

1灯スポットライト オールター 自宅で使っている照明器具です 

100ワット相当の明るさのLED電球ひとつだけです。他に間接照明もありますが、点けたり点けなかったり。基本オールターひとつです。

「え!それはさすがに暗すぎるでしょ」と必ず質問されます。「暗くない」と答えると「いやいやいや・・・」と返されますが、毎日そこで快適に過ごしている本人が言うのだから間違いありません

これで十分なんですよ。マジです。過去に4灯スポットライトを使っていたこともありました。最初は全て点灯させていましたが、明るさに慣れ最終的には2つだけしか点いていませんでした。こういう使い方している人は他にもいるはず。そして何より「エコ」です。

ひもで遊んでいた幼少期と同じ環境は、今の私には明るすぎるのです。でもこれは私が一人暮らしだから好き勝手できることで、家族が集まるリビングには向いていません。

というような体験を元に「一人暮らしの天井照明は2灯あれば十分説」を仮設とし、このCROWS 2灯スポットライトを企画しました。一人暮らし・一人部屋のメイン照明として間接照明と併せて使うことをおすすめします

しかし需要がないためか市場に2灯スポットライトはほとんどありません。CROWSは全く売れず失敗に終わるか、それとも他社から似たような商品がでてくるのか。LB2の挑戦です。

  • 画像左:昭和時代の名残。部屋を均等に照らす丸型シーリングライト
  • 画像右:おしゃれな雰囲気を実感できる2灯スポットライト CROWS

家に帰ってもバリバリ仕事をしていた昭和時代はオフィスと同じぐらいの明るさが必要でした。自宅で仕事をするなら丸型シーリングライトをおすすめしますが、そうではなく自分の部屋ぐらいはリラックスできる場所にしたと思うのなら。

そろそろ丸型シーリングライトを卒業して、インテリア照明で「暗さ」を楽しみませんか?

デザイン・特長について

当然ですがコンパクトになりました

灯数を減らすことで本体サイズはコンパクトに。玄関や廊下、キッチンなどの省スペースの照明としても最適。

本体:幅370×奥行き165×高さ290(mm)
重量:1.4(kg)
カラー:グリーン・ブルー・グレー・オレンジ
材質:スチール

個性的な攻めた4色展開

ブラックのフレームをベースに、シェードはグリーン・ブルー・グレー・オレンジといった個性的な4色を用意しました。

グリーンとグレーは淡く落ち着いたカラー。ブルーとオレンジはビビットカラーで空間を彩ります。それぞれ表面は少しザラついた塗装仕上げになっています。

それぞれが独立して可動するスポットライト

上下は約180度、横は約350度の角度調節ができるので固定したい箇所でしっかり固定することができます。思い通りのライティングが楽しめます。

可動範囲は大きく狙いたい場所で固定できます。

取り付けた後からでも変えられる本体の向き

部屋のレイアウトに合わせて照明本体の向きを調節できます。調節する際は固定ビスを少し緩めてから回転させてください。

明るさについて

60ワットまでの電球を2つ取り付けることができる照明です。

60ワット相当のLED電球を取り付けて撮影しています。LED電球なら100ワット相当のものも取付可能です。

スポットライトを天井へ向け、反射させた間接光にすると柔らかな灯りになります。

コンパクトサイズだから玄関や廊下の灯りにも最適です。

4灯スポットライトと2灯スポットライト

4灯タイプとの明るさ比較。少しわかりにくいかもしれませんが、壁や天井を比べると4灯のほうが、しっかりと灯りが届いているのがわかります。2灯タイプは暗すぎるのではないかと不安をお持ちなら4灯タイプをご検討ください。

取り付けについて

用意するもの

  • 口金E26の電球:2球
  • 天井へ取り付けるための脚立など

まずは天井電源を確認してください

次の天井電源があれば工事の必要はありません。

取り付けは簡単。工具も必要ありません

箱から取り出した状態。完成品でのお届け。

天井電源にワンタッチアダプターを取り付けます

付属のワンタッチアダプターを天井電源に差し込み、右に回して固定します。取り付けたワンタッチアダプターに取付金具を下から上へ押し上げるようにして取り付けます。

端子を接続します

フランジカバーの中にあるチェーンを取付金具に引っ掛け、ワンタッチアダプターの端子と本体から出ている端子を接続します。

取付金具に本体を取り付けます

取付金具のビスと本体の穴の位置を合わせて、取付金具に本体を差し込みます。付属のナットを回して本体を固定します。

取り付け完了

あとは電球を取り付けてスポットライトを好きな位置に固定したら完成です。開梱から10分ぐらいで取り付け出来ました。

まとめ

  • 「一人暮らしの天井照明は2灯あれば十分説」を仮設とし、企画した2灯スポットライト
  • 明るさよりも空間の雰囲気を重視される方へおすすめ
  • 一人暮らし・一人部屋のメイン照明として間接照明と併せて使えば雰囲気アップ
  • 点灯数が少ないので実はエコ
  • コンパクトサイズだから玄関や廊下、キッチンなどの省スペースの照明としても最適

「リラックスできるおしゃれな部屋」をつくることは実は簡単なことです。ポイントは「灯り」を変えること。こうこうと部屋を照らすシーリングライトではなく、陰影を楽しめるインテリア照明にしてみませんか?